あたらしいもの     ながく つかわれてきたもの                               ふるいもの       ながく つかえるもの

歴史は繰り返される?

今日3月29日神戸新聞の見出し一面。
DSCN8011_convert_20160329161255.jpg
こちらの見出しをみて、先日仕入れた古物が包まれていた古い新聞
記事をちょっと、思いだしたので少し紹介を。
DSCN7982_convert_20160329161000.jpg
こちらの新聞、昭和13年3月1日付大阪朝日新聞です。
何が書いているかというと・・・
”首相の「欠席」をめぐり委員会の空気いよいよ硬化
総動員法案実質的審議へ”
ようは、「国家総動員法」に関する記事なのです。
DSCN7983_convert_20160329161027.jpg
他にも関連記事として、外相によるこんな理由説明や
DSCN7988_convert_20160329161230.jpg
他にも説明をうにゃうにゃと・・・。
補足説明をしておくと、この記事の前年、昭和12年に、のちの日中戦争の
決定的きっかけとなる「盧溝橋事件」が発生しました。
従って翌年、昭和13年は一気に日本が戦時色一色に染まっていく年なのです。
この記事はまさに、総力戦遂行のため国家のすべての人的・物的資源を
政府が統制運用できる法律「国家総動員法」の成立過程を記しています。
DSCN7985_convert_20160329161103.jpg
なぜ、ワタクシ代表が今日の神戸新聞一面をみて、この記事を引用してきたかと
いうと、どちらもきちんとホントに議論したか、し尽したのか?と思ったからです。
DSCN7986_convert_20160329161136.jpg
先に言っておきますが、ワタクシ代表は、
別に”安保関連法案”や”9条改正”に反対の立場ではありません。
自国の存亡、独立を守るためには”自衛隊”も必要でしょうし
当然、同盟国との軍事的協力もライフライン死守するためにも
例えばホルムズ海峡に派遣する事も必要だと思っています。
DSCN7987_convert_20160329161159.jpg
”安保関連法案=戦争につながる”ホントにそうなんでしょうか。
なんで、それが必要なのか十分に国民に説明出来たのでしょうか。
そして、国民は理解、納得出来たのでしょうか。
誤解はないのでしょうか。
そもそもコトバ遊びやゴマカシはなかったでしょうか。
ふと、そう思いましたので、今日は少々こ難しい内容で。。。
こちらの新聞記事、ご覧になりたい方どうぞお気軽に(*^_^*)
文中の写真は、当時の”ノーシン”の広告。
確かに、戦時色濃くなってきています。

明日も営業しています。
営業時間10:00~20:00
スポンサーサイト
プロフィール

箱庭雑貨店

Author:箱庭雑貨店
兵庫県明石市にある雑貨店です
山陽電車東二見駅前すぐ

住所:明石市二見町東二見410
☎:(078)995-5882
定休日:不定休
営業時間:11:00~20:00
駐車場:なし
※※重要なお知らせ※※
6月から11:00開店となりました。

☆8月の店休日
 8/21(月)

店奥にカフェあります。
営業時間11:30~19:30(L.O19:00)
『いかなごチーズのホットサンド』第2回イカナゴ料理コンテスト入賞‼
6/1からメニュー一新!!
『スタッフのきまぐれ定食』
始りました。バランス良い定食、
どうぞ、ご賞味を(^^♪
『かき氷』絶賛営業中。
全て自家製シロップですよ~

取扱い商品
sisiグラニーバッグ/ケロリン桶/倉敷意匠/mtマスキングテープ/越前和紙 上山製紙所/東洋佐々木ガラス/ウォーターフロント/ホッカ60/革工房BAIMO/名司生/丹波焼 まるせ窯、信行窯 他多数

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
StyleKeeper
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR