あたらしいもの     ながく つかわれてきたもの                               ふるいもの       ながく つかえるもの

信行窯

昨日、予告したとおり、丹波焼のご紹介をしていきますよ(^^♪
第一回目のご紹介はこちらの窯元さん!
DSC09812_convert_20161020130151.jpg
「信行窯」さんです。
DSC09817_convert_20161020130250.jpg
丹波焼古来の土のあたたかみ、やさしさを持たせつつ
華やかな釉薬をまとった、ほっこりする柔らかみをもつ器を
作られています。
DSC09813_convert_20161020130210.jpg
なんとなく、丹波焼って、渋くて高価なイメージ、
お持ちじゃありませんか?
こちらの作品を拝見した時に、目からウロコでした=^_^=

特にワタクシ代表の一押しはこちら(^o^)/
DSC09807_convert_20161020130030.jpg
「象嵌フリーカップ」です。
”象嵌=ぞうがん”と読みます。
DSC09810_convert_20161020130055.jpg
象嵌とは、素地を削って模様を作り、そこに異質の粘土を
はめ込む技法なんです。
この作品では、茶色い素地を削って、そこに白い粘土を
はめ込んでいます。
一般的には手間がかかる上、失敗も多いらしいので、
作り手さんとしては、あまり好まない技法らしいですが
信行窯さんは、とっても繊細に仕上げられており、
脱帽ものです<(_ _)>

もちろん、釉薬の変化を楽しめる器も作られています。
こちらは、「ふた付きマグカップ」。
DSC09816_convert_20161020130230.jpg
この”ふた”ただモノではありません。
”ふた”以外に、ティーパックや付合せ用の”お皿”にも。
さらにさらに、”コースター”としても使えます(^^)v

他にも、ご紹介したい器があったんですが、おかげさまで
並べたその日から、ぼちぼちと、お嫁に行ってしまいました(*^^*)

あっ、そうそう肝心のお値段ですが、
「象嵌フリーカップ」で1,200~1,300円程度、
「ふた付きマグカップ」で1,500円程度です。

明日も営業しています。
営業時間10:00~20:00
スポンサーサイト
プロフィール

箱庭雑貨店

Author:箱庭雑貨店
兵庫県明石市にある雑貨店です
山陽電車東二見駅前すぐ

住所:明石市二見町東二見410
☎:(078)995-5882
定休日:不定休
営業時間:11:00~20:00
駐車場:なし
※※重要なお知らせ※※
6月から11:00開店となりました。

☆8月の店休日
 8/21(月)

店奥にカフェあります。
営業時間11:30~19:30(L.O19:00)
『いかなごチーズのホットサンド』第2回イカナゴ料理コンテスト入賞‼
6/1からメニュー一新!!
『スタッフのきまぐれ定食』
始りました。バランス良い定食、
どうぞ、ご賞味を(^^♪
『かき氷』絶賛営業中。
全て自家製シロップですよ~

取扱い商品
sisiグラニーバッグ/ケロリン桶/倉敷意匠/mtマスキングテープ/越前和紙 上山製紙所/東洋佐々木ガラス/ウォーターフロント/ホッカ60/革工房BAIMO/名司生/丹波焼 まるせ窯、信行窯 他多数

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
StyleKeeper
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR