あたらしいもの     ながく つかわれてきたもの                               ふるいもの       ながく つかえるもの

初の野外イベント出店中!!

あ、ども。スタッフです。

今日は『第一回 地蔵町さくら祭』に、
当店の雑貨が出店しています。
DSC01205_convert_20170430111824.jpg

朝から準備に行ってきました。
屋外の出店は初めてです。
DSC01202_convert_20170430111710.jpg
ん?店名の並びが逆の様な・・・代表~!

地蔵町の布団屋台もありますよ。
DSC01203_convert_20170430111745.jpg
いいお天気で良かった~。

今日は店内のお買得コーナーに張り紙が
DSC01204_convert_20170430111806.jpg
そうなのです。
店舗の方も開けていますが、お得な商品は祭に行っています。
いつもより、更にお得になっています。
当店から徒歩5分程ですので、是非覗いて見てくださいね。

という事で、今日はスタッフが1人でお店番。
カフェ・雑貨を一人でやりますので、
少々お待たせするかもしれません。
何卒、ご了承くださいませませ。

お天気もいいのでお散歩がてらに。
お待ちしていますー。

明日も営業しています。
営業時間10:00~20:00
GWも休まず営業します。
スポンサーサイト

明日は”地蔵町さくら祭”

いよいよ明日開催\(^o^)/
DSC01191_convert_20170426125825.jpg
~「第一回 地蔵町さくら祭」~
4月30日(日) 10:00~15:00
地蔵町公民館となりの空き地にて開催!
DSC01199_convert_20170426130546.jpg
場所は、当店から南東へ徒歩約3~5分程度、
当店も雑貨出店します(^^♪

「地蔵町自治会」会員さん、「地蔵町」住民の皆さん、
新旧住民、老若男女関係なく、みんなで盛り上げましょう\(^o^)/
みなさんのご参加お待ちしています🎉

明日の「地蔵町さくら祭」は、ワタクシ代表、
お店の方は、通常通りスタッフが店番の
二元同時営業いたしますので、
両店ともご贔屓の程、よろしくお願いします<(_ _)>

明日も営業しています。
営業時間10:00~20:00

明日4/28(金)は店休日

いよいよ、この週末からゴールデンウィークスタート!

ゴールデンウィーク期間中は、休まず営業しますが、、、
明日4月28日(金)は店休日です。
DSC01201_convert_20170427125958.jpg
ご不便を掛けますが、よろしくお願いします<(_ _)>

常連さんを中心に、「店休日=仕入れ」と思われている方
多いようですが、必ずしもそうでもありません(^▽^;)
たまには、○○○・・・とか。
ちなみに明日は、”半分仕入れ”、”半分お手伝い”な感じ。
加古川方面に出没していますので、
お見かけの際には、あたたかく見守って下さい(^_-)-☆

~「第一回 地蔵町さくら祭」~
4月30日(日) 10:00~15:00
地蔵町公民館となりの空き地にて開催!
当店も雑貨出店します(^^♪
詳しくはこちら↓
http://hakoniwazakkaten.blog.fc2.com/blog-entry-1201.html
「地蔵町自治会」会員さん、「地蔵町」住民の皆さん、
新旧住民、老若男女関係なく、みんなで盛り上げましょう\(^o^)/
みなさんのご参加お待ちしています🎉

第一回 地蔵町さくら祭

最近、当店の店頭や店内に掲示している、
こちら↓のポスターにお気付きでしょうか?

先日4月25日付の、地元の一流新聞社、
神戸新聞明石版にも掲載されたんですが、
DSC01197_convert_20170426125917.jpg
当店のご近所で、今月4月30日に「お祭り」が開催されます。
それも、地元住民や自治会が中心の、初めてのお祭りです。
「第一回 地蔵町さくら祭」です(^^♪
DSC01195_convert_20170426125950.jpg
当店があります東二見は、秋祭りが盛んで、地元の氏神様である
御厨神社には、明石市内最多8基の布団屋台が集まり、
たいへん活気がある事で有名であります。
DSC01196_convert_20170426130016.jpg
そして、この布団屋台には小学5、6年生ぐらいの子どもが
「乗り子」として乗り込み、太鼓をたたきながら、お練りをするのですが、
今回このお祭りを開催する、”地蔵町”町会内では、
少子化や新興住宅地の住民の増加で、
「祭り」に参加する大人も子供も減少の一途をたどっており、
昨年、とうとう、「乗り子」希望者が居なくなってしまいました。

それでも昨年は、なんとか、地縁者にお願いし継続出来たのですが、
”このままでは、いかん。祭りが途絶えてしまう”
という事で、新旧住民の交流、「乗り子」や継承者確保のため
有志が中心となり、このお祭りを開催する事になりました。
DSC01192_convert_20170426125853.jpg
当店は、この”地蔵町”町会内にはないのですが、
自宅が”地蔵町”町会なので、お誘い頂き、
出店する事になりました(^_-)-☆

場所は、当店から南東へ徒歩約3~5分程度、
地蔵町公民館となりの空き地。
DSC01199_convert_20170426130546.jpg
時間は、10:00~15:00までです。
「地蔵町自治会」会員さん、「地蔵町」住民の皆さん、
新旧住民、老若男女関係なく、みんなで盛り上げましょう\(^o^)/
みなさんのご参加お待ちしています🎉

当日は、「地蔵町さくら祭」はワタクシ代表、
お店の方は、通常通りスタッフが店番の
二元同時営業いたしますので、
両店ともご贔屓の程、よろしくお願いします<(_ _)>

明日も営業しています。
営業時間10:00~20:00

酒の器ばっかりだったような気が・・・

今日も「丹波焼」のご紹介ですよーヽ(^。^)ノ
さて、今日のご紹介はこちら!
DSC01186_convert_20170425140228.jpg
「のぼり窯」さんの「盃(さかずき)」です。
何気なく、立寄った「のぼり窯」さんの店先で、
つい、この盃が目に留まり、仕入れてしまいました(^▽^;)
DSC01189_convert_20170425140254.jpg
前にもお話ししましたが、同じお酒でも
器が変わると、味も変わるんですよ(^^)v
特に、この盃のような、口広形状のものでは、
スッキリした味わいに感じられます。
皆さんも、だまされたと思って試してみて(*^_^*)
お値段¥1,080(税込)。

そして、こちらは番外編。
DSC01184_convert_20170425140201.jpg
「信行窯」さんの「お地蔵さん」です。
こちらのお地蔵さん、信行窯の奥さんが一体一体、
丁寧に手作りされています。
そのやさしいお顔に、ほっこり癒されます=^_^=
お値段¥972(税込)。

さて、皆さん、
しばらくの間、丹波焼のご紹介にお付合い頂き、
ありがとうございました。
DSC01190_convert_20170425140312.jpg
他にも、いろいろ仕入れていたんですがね、、、
当店きっての部類の器好きサンたちに、
並べる前に多々売れてしまったりとか、、、
で、ご紹介出来ないものもありましたが。。。

丹波焼って、敷居が高いと思われている方も多いようですが、
決して、そんなことありませんよ(^_-)-☆
当店では、日常使いでお愉しみ頂けるよう、
リーズナブルな商品を取り揃えています。
良かったら、一度、覗きに来て下さい。
お待ちしております(●^o^●)

~カフェからのお知らせ~
今日から、「本日の甘味」に「ベイクドさつまいもケーキ」が登場!
たぶん、今シーズン最後になると思います。
次の再登場は冬かな?!
食べ納めに、どうぞ\(^o^)/

明日も営業しています。
営業時間10:00~20:00

さすが伝統工芸士!

今日もまだまだ「丹波焼」、「信行窯」さんです(●^o^●)
でもね、今日ご紹介するものは、
今までのものとは、ちょっと違いますよ(^_-)-☆
DSC01173_convert_20170424143246.jpg
「焼しめビアカップ」と「焼しめマグカップ」です。
一目見て、もうお判りの方も多いはず。
表面の佇まいが、今までご紹介したものと、全く違います。
DSC01174_convert_20170424143311.jpg
それもそのはず。
「登り窯」で焼かれた器たちなんです。
昨日までご紹介した器たちは、みな「ガス窯」で焼かれたもの。
DSC01179_convert_20170424143411.jpg
ガス窯は、焼成条件が比較的一定しており、作り手側でも
条件コントロールが可能なため、安定的な仕上がりになります。
DSC01175_convert_20170424143331.jpg
一方、登り窯は、主に松の木を燃料に使い、
職人の感と経験で焼成を行います。
燃料である松の灰が炉内に回り、器の表面に付着することで
鮮やかな窯変美を生み出します。
DSC01176_convert_20170424143350.jpg
温度はある程度コントロールできても、窯変については
コントロール不能、自然の成り行きに任せるしかありません。
だから、焼き上がるまで誰にも分らない、
より個性的な器が仕上がります。
これぞ、ホントに世界でたった一つの器です。

お値段は、「焼しめビアカップ」が¥3,240(税込)、
「焼しめマグカップ」が¥3,780(税込)です。

窯変美を愉しみながら、一生お付き合い出来そうな器。
ひとつぐらいは欲しいものです。

~カフェからのお知らせ~
今日からの「スープ定食」は・・・
「海鮮トマトスープ(ブイヤベース風)」です。
どうぞ、ご来店下さい\(^o^)/

明日も営業しています。
営業時間10:00~20:00

ビール派?焼酎派?

今日も「丹波焼」、「信行窯」さんのご紹介を=^_^=

きょうは昨日とは、また違った味わい、
黒土を使った商品、それも酒器2連発です。

それでは、まずこちら(^O^)/
DSC01159_convert_20170423160143.jpg
「一口ビアカップ」です。
とても落ち着いた雰囲気を持つ、黒土のビアカップ。
白土で施された象嵌細工とのコントラストが◎
昨日ご紹介の商品にも施されていましたが、
「象嵌(ぞうがん)」は「信行窯」さんを代表する
技法のひとつなんです。
DSC01163_convert_20170423160210.jpg
釉薬での絵付けとは、また一味違った、器への装飾表現。
シンプルながら、いい味出てます。
また、器の内部も釉薬は使わず、”焼き締め”仕上げされているため、
土感があります。
この土感が、ビールを注ぐだけで、最高の泡立ちを演出してくれます。
お値段¥1,296(税込)。

お次は、こちら。
DSC01164_convert_20170423160228.jpg
「はけ目焼酎カップ」です。
ブランデーグラスの様な、”ぽってり、ころん”とした
形をした焼酎カップ。
DSC01166_convert_20170423160248.jpg
大き目ボディーですが、持ちやすいよう、
側面に”指あと”が施されています。
DSC01170_convert_20170423160307.jpg
たっぷり入る多い目カップなんで、
これからの季節、ロックや水割りで、
ゆっくりと愉しみながら呑めるカップです。
お値段¥2,333(税込)。

明日もまた、お楽しみに(^^♪

明日も営業しています。
営業時間10:00~20:00

丹波焼「信行窯」再入荷!

今日もご紹介します「丹波焼」\(^o^)/
さてさて、今日は「信行窯」さんです。
DSC01150_convert_20170422155237.jpg
前回大人気、あっという間に売切れてしまったので、
今回は、いろいろ仕入れてきました(^^)v

今日は、どちらも初お目見え。
まずは、こちら!
DSC01152_convert_20170422155336.jpg
「象嵌茶碗」です。
丹波焼らしい、赤土に嵌め込まれた白土。
DSC01151_convert_20170422155313.jpg
エメラルドグリーンの釉薬が、とてもきれいです。
使い込むほど、変化していく器の表面。
ぜひ楽しんで下さい。
¥1,296(税込)。

お次はこちら。
DSC01155_convert_20170422155430.jpg
「象嵌湯呑」です。
”湯呑”と言いながら、
”ゴブレット”の様な、佇まい。
DSC01153_convert_20170422155403.jpg
”お茶”よりも・・・
やっぱり、”ワイン”や”日本酒”で
一杯いかがですか(●^o^●)
お値段¥1,188(税込)。

明日もまだまだ、続きます。
お楽しみに(^^♪

明日も営業しています。
営業時間10:00~20:00

”機能美”とでも言いうべきか

さぁーて、今日もご紹介していきますよ(^O^)/
今日も昨日に引き続いて、「まるせ窯」さんです。

前回、大人気だった酒器。

今回も仕入れましたよ(^_-)-☆
DSC01149_convert_20170421145046.jpg
まずは、こちら。
DSC01145_convert_20170421145010.jpg
「水割カップ」です。
手にスッポリ納まる、程よいサイズのカップです。
焼酎でも、ウイスキーでも、ロックグラスにも良いサイズです。
お値段¥2,160(税込)。

お次は、こちら。
DSC01146_convert_20170421145028.jpg
「ミニカップ」です。
お猪口より少し大き目、ワンショットグラスサイズ。
ワタクシ代表も、先日このカップでお花見をしながら
日本酒で一杯やりました(^^)v
肉厚が薄めなので、とても口当たりがよいです。
日本酒はもちろん、ウイスキーにもおすすめです。
お値段¥1,080(税込)。

こちらは、当店初お目見え。
DSC01130_convert_20170421144904.jpg
「湯呑み」です。
そして、右側の釉薬。
こちらも初お目見えです。
なんでも、松の実を混ぜて作った釉薬だとか。
こちらの釉薬も、いい味を出しています。
DSC01131_convert_20170421144932.jpg
大きすぎず小さすぎず、程よいサイズの湯のみです。
実はね、「まるせ窯」さんの一番のご専門は、
「茶器」なんです。
DSC01133_convert_20170421144952.jpg
この滑らか表面を作りだす、独自に濾された、きめ細かい粘土も
全ては、茶器のためなんです。
器自身がなるべく吸水しないように、
お茶に、他のもののニオイが移らないようにと、
より緻密に器の表面を仕上げようとした結果が、この器たちなんです。

こだわりを持って、突詰められた「まるせ窯」さんの器。
やっぱり、好きだなあ、「まるせ窯」さん(●^o^●)

明日も営業しています。
営業時間10:00~20:00

丹波焼「まるせ窯」再入荷!

今月初めに、お休みを頂いて仕入れてきた
「丹波焼」。
DSC01115_convert_20170420150301.jpg
また、日を改めて後日、ご紹介しますね、
と言いながら、少し日にちが空いてしまいました<(_ _)>

今日から、きちんと、ご紹介していきますので、
お付き合い頂ければと・・・。

実は、「丹波焼」の窯元の数50有余ありまして、
各窯元さん、それぞれ個性を持った作陶活動をされております。

その中から、当店ではワタクシ代表とスタッフが、
直接現地に足を運び、私たちの琴線に触れた窯元さん数軒に
お取引をお願いし、お取扱いさせて頂いております。

1点1点、手作りされる器たちは、ひとつとして同じモノはなく、
窯元さんもカタログ化する事が出来ないため、
仕入れに際しても、自ら足を運んで商品を選んできております。

従いまして、”以前あった、あれ。すぐ入る?また欲しい”
と言われましても、すぐには入手出来ない場合や
同じものが入手出来ない場合が、多々あります事、
ご理解いただきたく。

さて、今日のご紹介はこちら(^O^)/
DSC01117_convert_20170420150323.jpg
ワタクシ代表とスタッフのふたりが、
数ある丹波焼の窯元さんの中で一番好きな窯元さん、
「まるせ窯」さんです。
※正確には”まるせ”は”○”のなかに”せ”と書きます。
 表示上”まるせ”と記しておりますがご了承ください。


その中から今日は、「マグカップ」を(^_-)-☆
DSC01121_convert_20170420150342.jpg
フォルムと言い、釉薬と言い、何とも言えない
「美しさ」を感じませんか(#^^#)
DSC01126_convert_20170420150424.jpg
土味感を押出した器が多い中で、こちらの「まるせ窯」さん、
他とは一線を画した、そのなめらかさ。
DSC01123_convert_20170420150404.jpg
それもそのはず。
通常の粘土を、独自で濾し、とてもキメの細かいものだけを
使って作り上げられているからです。
だから、器の仕上がりも、とても薄く繊細に。
そして、釉薬。
幾種類ものものを重ねているように思われますが、
実はたった一種類。
釉薬のかけ方、焼き方で表現されています。
DSC01128_convert_20170420150442.jpg
お値段¥2,700(税込)。
明日もまだまだ続きます、お楽しみに(^^♪

明日も営業しています。
営業時間10:00~20:00
プロフィール

箱庭雑貨店

Author:箱庭雑貨店
兵庫県明石市にある雑貨店です
山陽電車東二見駅前すぐ

住所:明石市二見町東二見410
☎:(078)995-5882
定休日:不定休
営業時間:10:00~20:00
駐車場:なし
※※重要なお知らせ※※
6月から11:00開店となります。

☆5月の店休日
 5/8(月)、9(火)
☆6月の店休日
 6/12(月)、19(月)

店奥にカフェあります。
営業時間11:30~19:30(L.O19:00)
『スープ定食』大好評提供中
 雑穀ご飯が美味しい‼
『いかなごチーズのホットサンド』第2回イカナゴ料理コンテスト入賞‼

取扱い商品
sisiグラニーバッグ/ケロリン桶/村山大介陶芸研究所/倉敷意匠/mtマスキングテープ/越前和紙 上山製紙所/東洋佐々木ガラス/ウォーターフロント/ホッカ60/革工房BAIMO/名司生 他多数

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
StyleKeeper
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR